FC2ブログ

北村工房の日々

陶器の制作や農業など、日々の生活や思いを綴ります。

とっくり蜂

最近、レンガ作りのために、粘土を練っていると、蜂が、粘土に集まってきます。
とっくり蜂です。
彼らは、粘土を丸めて持っていっては、上手に、徳利型の巣を作ります。
それはもう、きれいな形の、とても小さな徳利です。

でもなぜ、彼らはちゃんと粘土を見分けて、飛んでくるのだろう。
彼らの触覚は、赤外線をキャッチして、雌や、餌のあるところを探り当てるそうです。
人や、植物、鉱物は、赤外線を吸収したり放射したりしているそうです。
粘土の放射する、独特の赤外線をキャッチしているのでしょうか?
RIMG1050.jpg RIMG1052.jpg

スポンサーサイト

PageTop

窯のアーチ 目から鱗

窯のアーチをどうするか。
ずっといろいろ考えていたのですが、昨日、益子の尊敬する陶芸家、Iさんと話していたら、いい方法を見つけてしまいました。というか、Iさんに教えてもらったと言うほうが正しい。
Iさんは、自分の素直な気持ちと向き合いながら、こつこつと陶芸活動をしている方で、とても魅力的な制作をしています。今回、レンガから、窯を作るというのも、Iさんの影響がとても大きいです。

さて、アーチについて。
レンガを、円筒状に作って、それを横にして重ねて行こうと思います。
円筒の上の円を少し小さめにすれば、うまくアーチが作れます。
しかも型に詰めずに、アバウトに作るつもりなので、ガシガシ作れます。性に合っています。
本当にすごいと思います。なぜこんなことに気付かなかったのだろう。なぜレンガは、四角い物だと思い込んでいたのだろう。四角にしようとするから、型が必要になるし、めんどくさくなるし、息苦しくなるし。
知らないうちに、当たり前と思われる事にとらわれて、自分を縛っていました。
目から鱗が落ちた瞬間でした。

想像してみてください、円筒のレンガを作るのはとても楽しそうです。
円筒のレンガを重ねるのも面白そう。
そして、できる窯が、なんだか面白い形になりそうです。
次、窯を作るとしたら、全部円筒レンガでやります。

これからも、自分がワクワクする事から目を背けずに、やっていきたいものです。

PageTop

粘土踏み

天気は、晴れ、一日気持ちよい風が吹いていました。

昨日途中だった、追加の型作りをして、粘土を練り、レンガ作り。
RIMG0972.jpg追加で作った型です。

RIMG0973.jpgこんな風に、農業用地下足袋をはいて粘土練りをします。
          便利、便利。農業用道具って、いい物がいっぱいあります。 
RIMG0975.jpg練ったあとに、まとめた土です。

と、レンガ作りはこの辺にして、今日は父が、野菜を植えようと、落ち葉と格闘していました。
RIMG0959.jpg茄子、ピーマン、唐辛子、しそ、オクラ、などなど。
今日は、植えられなかったようです。明日は、きっと植わった写真がアップできると思います
RIMG0960.jpg  RIMG0963.jpg
父が何年か前に植えたアスパラガス。こんなにひょろっと大きくなります。
RIMG0971.jpg  RIMG0970.jpg
去年植えた葡萄。シラーとネッビオーロ。ネッビオーロは芽が虫に?食べられてしまいました。
いつかワイン作りたいです。

PageTop

原土 みつばち

今日の天気は曇り。
引き続き、窯のレンガ作りをしました。

このレンガの原料は、益子の粘土屋さん、川田さんが、窯作りによいと思われる、
砂分を多く含んだ粘土を原土で持って来てくれました。3トンで、15000円
さらに、割れにくくするために交ぜるための窯砂が、1トン5000円です。
時間は、かかりますが、この値段で窯が作れたらすごいことです。
まあ、その他にも、窯屋根を作ったり、などなどお金はかかりますが、
今回、どのくらいの値段と期間で窯ができるのか、私自身楽しみにしています。

ほぼ毎日、原土を触っていて、改めて思うことは、粘土って土なんだなー。ということです。
大地の一部ということです。
そこには、様々な色の粘土があり、石があったり、木片が入っていたり、
蟻が巣を作っていたり。
たくさんの微生物もいるでしょう。
とてもカラフルで、いきいきとしていています。
もう一度、自分が作っている物も粘土から見直したいと思いました。
土は、こんなにいきいきとしているのだから、それを生かしたい。
料理と似ているなー。

RIMG0944.jpg
原土です。意外とカラフルでしょう。

今日もきれいにアザミが咲いていたので、撮ってしまいました。
そしたら、ミツバチが。

RIMG0926.jpg

RIMG0934.jpg

RIMG0947.jpg
花粉だらけになって仕事をしています。
RIMG0953.jpg

前回写真を撮ったのが、1週間くらい前なので、ずいぶん長く咲いています。
でも、そろそろ終りだな、と父が言っていました。
また、秋に咲きますが、その時は、もう少しほっそりしています。
アザミ、好きなんです。

PageTop

窯作り、3

今日は、1日、薪窯用レンガ作りをしました。
午前中に、粘土を練って、午後に、型につめて。
25x25x7.5センチのレンガを12個、12.5x25x7.5センチのレンガを1個。
まだまだ少ない。
大きいレンガを160個、小さいのを120個、斜めレンガを300個作る予定です。
8月からは、窯業支援で、9ヶ月間カンボジアに行きます。
どこまで進めることができるか?
品物作りと一緒にやっていくので、忙しくなりそうです。

RIMG0906.jpg
木型に粘土を詰めて作ったレンガを干しています。

PageTop